短冊に願いを込めて…

  • 2017.06.24 Saturday
  • 18:59

海星館の玄関に七夕飾りを設置しました☆

手動ドアを閉め切ったため、ご来館の皆さまにご不便をおかけしますが、

しばらくの間自動ドアをご利用くださいませ。

 

館内には自由に書き込める短冊を用意しています。

あなたの願いが叶うよう、海星館が全力で天に届けますので、

どうぞ願い事を書いて飾り付けてくださいね。※1人1枚厳守!

今日は日本刀を擬人化したゲーム「刀剣乱舞」の登場人物のコスプレをした2人が訪れて、願いをかけてくれました。

大勢の幼稚園児もお勉強に来てくれ、どんよりした空とは裏腹に館内が華やいだ一日でした。

 

ぐずついた天気がしばらく続きそうですが、

海星館は出張教室や夏休みのイベントの準備に追われています。

工作教室の参加者はまだまだ募集中!お申し込みお待ちしております。

アジサイの“花”と「花の守り人」

  • 2017.06.21 Wednesday
  • 16:24

休館日に合わせたかのように雨が降りました。

ちょっと風雨が激しすぎましたが、植物たちには恵みの雨となったようです。

ひからび気味だったアジサイも、今日は嬉しそうに輝いています。

そんな絶好のタイミングで、海星館のアジサイたちがTV中継されます。

本日17:13〜5分間、TOSのゆ〜わくワイド内です。

直前のお知らせで申し訳ありませんが、大分のTV放送が見られる環境の方はぜひご覧くださいね。

 

ところで、アジサイの花ってどれかご存知ですか?

多くの方が花と思っている花弁のようなヒラヒラの部分はガクで、

花はその中心にあります。

ということで、海星館のアジサイはこれからが花盛り。

ぜひ、美しいガクと、かわいい花を愛でにおいでください。

 

そして今日は、アジサイをはじめとする海星館の「花の守り人」を紹介します。

植栽担当の木岐さんは、開館当初から海星館を彩る植物たちを愛情込めて育ててくれています。

この笑顔に会いに、海星館にお越しくださいね!

6月19日の太陽

  • 2017.06.19 Monday
  • 12:51

 

久々に太陽さん。

表面の糸くず模様や

白っぽく明るい領域があったりと

見た目も賑やかで、見やすいプロミネンスが出ています。

 

お天気が良い日は、太陽を観察してみると

楽しい発見がありますよ。

太陽観察には、プロミネンス望遠鏡(Hα望遠鏡)と

黒点を見るための専用フィルタのついた望遠鏡を使います。

 

安全に、黒点やプロミネンスをご覧いただけます。

ぜひ昼間も天体観察してみてくださいね。

 

夜間開館日ですと、チケットは当日有効券となっていますので

夜の観察も引き続きできます。

お得感いっぱいです^^

 

太陽のほかにも、空模様や天体の位置状況により

一等星や惑星、月の観察が可能な時も。

百聞は一見に如かず、ぜひ一度は体感してみてくださいね☆

 

☆*゜sm

 

 

星のソムリエ講座

  • 2017.06.18 Sunday
  • 17:42

 

海星館、そして大分では初めての試みとなります。

「星のソムリエ養成講座」いよいよ本日より始まりました。

受講生はこれから11月まで受講・レポート提出といった過程を経ながら

準星空案内人としての資格取得を目指します。

 

本日は一回目、国立天文台より山岡 均准教授を講師に迎え

「さぁはじめよう」と題し星座の成り立ち、距離や明るさ等

星空案内人として必要な基礎的な部分に触れながら2時間学びました。

 

星空を自信を持って案内するのはもちろんですが

そこには必ず「心」が入らなければならないと思います。

受講生のみなさん自身がまずは楽しんでほしいと思います。

 

今回興味を持たれたかたは、ぜひ来年度。お申込みくださいね。

 

 

☆*゜sm

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    6月・7月のイベント情報☆

    • 2017.06.17 Saturday
    • 10:00

     

    6月・7月のイベント情報です。

     

    夏休みの工作教室の申込みの受付を開始しておりますが

    5月連休の申し込み状況から定員を超える事態が予想されております。

    そのため、締め切り後に抽選とさせていただくことになりました。

    まことに申し訳ありませんがご了承くださいませ。

     

    ■6月のイベント

     

    ・6月18日 星のソムリエ1回目(受講申し込みは終了いたしました)

    ・毎週金土日の夜間開館日 「木星を観察しながら土星を待とう」

     21時過ぎより土星の観察が可能になってきました。

     木星や他の天体を観察しながら、ぜひ土星も観察してお帰り下さい。

     

    ■7月のイベント

     

    ・工作教室 

     7〜8月の工作教室は上記チラシをクリックして詳細をご覧ください

     事前申込が必要となっております。メール、FAX、郵送、または来館時に

     お申込みください。参加チケットを郵送するためご住所が必要です。

     そのためお電話ではお受けいたしておりません。

     

    ・観察会 予約は不要です 天体観測室の利用料が必要です

    ●7月28日(金) 19時30分〜22時 みずがめ座流星群観察会

     

    ・講座 予約は不要です 資料代として受講費100円が必要です

    ●7月15日(土)13時〜14時  惑星講座 土星

     

    ・自然講座 予約が必要です 保険料込資料代500円が必要です

    ●7月17日(月)13時〜14時 ビーチコーミング実践編「海へ出かけよう」

     

    ・夜間観察 予約は不要です 金土日祝日は夜の天体観察ができます 

    19時30分より22時まで最終受付は21時30分 

    ●夜間開館日の観察タイトルは

    トップページ メニューより 「海星カレンダー」をクリック

    7月のところをクリックすると詳細がご覧になれます

     

     

    海星館トップページにあるメニューより

    「海星カレンダー」

    「イベント情報」で、年間の予定等確認できます。

    ぜひご活用ください。

     

     

    ショップにも新商品が続々入荷しておりますのでぜひご覧くださいね〜(*^-^*)

    ☆*゜sm

    青空散歩。なにがみえる?

    • 2017.06.16 Friday
    • 20:22

     

    「昼間は何かみえるのですか?」

     

    よくお問い合わせをいただきます。

    はい、実はいろいろ見えるのです♡

     

    太陽はもちろんのこと

    地球の兄弟星である金星や水星といった惑星

    そして街中でも夜空で見つけることができるような明るい恒星。

    月があればもちろん青空の中のお月さまも。

     

    ただし時期や天候によって

    ご案内できるものが変わったり、見られなかったりしますので

    その時のお楽しみとしておいてくださいね。

     

    今時期では、金星、シリウス等の観察が昼間にできます。

     

    「どんなふうに見えるの?」

     

    これはもう、実際に望遠鏡を覗いてほしいです。

    その時の感動はきっと心に響くはず。

    ぜひぜひ、実際に観察をしてみてくださいね。

    写真をブログに載せていることもありますが、どれも実際での

    観察とは少し違うのです。

    やはり繊細な色や光りかたは、写真では表現できません。

     

    この記事の画像は恒星ですが、一瞬を切り抜いたにすぎず

    実際に見るとそれはそれは美しいのです^^

    青空がきれいな時ほど見やすく、そしてとてもきれいですので

    ぜひチャンスを逃さずに、観測室をご利用くださいね。

     

    ☆*゜sm

     

    紫陽花、見頃です

    • 2017.06.15 Thursday
    • 12:30

     

     

    晴れ間が続いていますね。

    朝晩は冷えたりと、気温差で体調を崩しやすいですので

    みなさまもどうぞお気を付けくださいませ。

     

    海星館の紫陽花たちは見頃を迎えています。

    日照りが続いているため

    少々みずみずしさが失われているような気もします。

    どうぞお早目に、色とりどりの紫陽花を見にお越し下さいね。

     

    アサギマダラは本日20頭ほど確認しています。

    そろそろおわり、と言いながらもこうして

    姿が見られるとほっと和んで嬉しくなります。

    こちらは午前中が出会えるチャンス。午後には旅立って姿がみえなくなります。

     

    自然あふれる海星館。ぜひ遊びにきてくださいね^^

     

    さて、天体観測としては、明け方東の空で輝いている金星。

    こちらは14時頃までにお越しいただくと望遠鏡で金星の観察ができます。

    お日さまより先に沈んでしまいますので

    金星の観察をご希望される場合はお早目にお越し下さい。

     

    夜の観察は金土日祝日、そして8月にできます。

    こちらは21時半が天体観察の受付終了となっております。

    以降のご希望になりますと、1〜2つほどの天体しかご案内できず

    閉館時間となってしまいますので、

    それまでにぜひお越しいただけたらと思います。

     

     

    昼も夜も、予約は不要ですので

    ふらり天体観察、ぜひご利用くださいね。

     

     

    ☆*゜sm

    9日のお月さま

    • 2017.06.10 Saturday
    • 13:56

     

    梅雨の晴れ間が続いていた昨夜、満月でした。

    多くの方にご来館いただき、

    「今年いちばん小さい満月をみよう」の観測会をお楽しみいただけたようです。

    ありがとうございました。

     

    小さな・・・?

    小さくみえたかな?

     

    月は地球の周りを公転していますが

    その通り道はきれいな円ではなく楕円をしています。

    その形から、地球から遠い時もあれば

    近い時もあるのですが、昨夜はその遠いところで

    ちょうど満月になりました。

     

    遠地点の満月と呼びますが最近では

    「ミニマムムーン」「ミニムーン」など小ささをあらわす言葉がついて

    親しまれています。

    その逆は近地点の満月で

    「スーパームーン」などと呼ばれたりしますね。

    しかしこの言葉は占星術の用語とのことで、

    近いところで満月になっても必ずしもスーパームーンとは呼ばないそう。

    定義もいろいろあるようです。

    今年の近地点の満月は12月4日です。この時もぜひ月を観察してみてくださいね。

     

    さて、昨日のお月さま。

    他にも「ストロベリームーン」だなんていわれていましたね。

    この言葉は

    北米のいちごの収穫の時期が6月のためそのようにいわれているのだとか。

    月がいちごのように赤くなる、からではないのですが

    月の高さは実はこの時期、低いのです。逆に冬は頭の高い位置に月がきますよね。

     

    昇り始めの低いところでみる月はやや赤みがかっていることも。

    そう、夕日と同じ原理なんです。

    月の高度がもともとあがらないこの時期は、

    水蒸気やチリなどの影響も受けやすいのですがそれでも

    月が昇り高い位置にいる月が赤く見える、なんていうのはなくて

    あるとしたらそれは月食の時の赤銅色・・・

     

    ちょっと夢の無い話になってしまいましたが

    こうして、話題になり多くの方が空を見上げ

    そして宙の楽しさに気づいたり、仲間と共有したり

    宇宙に想いを馳せたり、素敵なことだなぁと思います。

    これからも話題は尽きないはず。ぜひアンテナ張り巡らせて

    楽しんでくださいね。

     

    ☆*゜sm

     

     

     

    梅雨の晴れ間

    • 2017.06.08 Thursday
    • 11:39

    今日は雨もあがり青空が広がっています。

    アサギマダラは40頭ほど舞っていました。

    紫陽花も彩きれいに風に揺られています。

     

     

    これから見頃を迎えます。

    ぜひ変化を楽しみに何度でもお越し下さい♡

     

    そして晴れた日は天体観測もご利用くださいね。

    昼間なにも見えないんじゃないの?とよく聞かれるのですがなんとなんと

    太陽の観察ができるんです\(^o^)/

     

    太陽はわたしたちに一番近い恒星。

    いつも見ている太陽だけど、専用の望遠鏡でのぞく世界はビックリすること間違いなしです。

     

    そして金星や、水星も観察できる時があります。

     

     

    惑星の位置関係や空の透明度により、難しい時もありますが

    観察できる場合はご案内しておりますので

    ぜひその際は観察してみてくださいね。

     

    「月みたいに欠けてるのね!丸くない!!」

     

    形にもぜひ注目してみてくださいね。

    金星はこれから少しずつ丸くなっていきますよ。

     

    金星は14時くらいが最終のご案内となります。それ以降は低い位置にあるので

    望遠鏡を向けることができなくなりますのでご了承ください。

     

    明日は夜間開館日です。

    お天気がよいと、小さく見える満月や、木星の観察ができます。

    ぜひお越し下さいね〜(*^^*)

     

    ☆*゜sm

    9日の満月は小さな満月

    • 2017.06.07 Wednesday
    • 16:42

     

    昨日、大分は梅雨入りをしました。

    さっそく今日は雨降り模様。

    どんよりとした景観と色合いのなかを

    色とりどりの紫陽花が明るく和ませていました。

     

    株によっては枯れかけているものもあれば

    これから!というものも。

    現段階としては3〜5部といったところでしょうか。

    6月の風物詩、彩り美しい紫陽花をぜひ見にお越し下さいね〜。

     

    アサギマダラも風雨がなければまだ出会えるチャンスはあるので

    意識して探してみてくださいね^^

     

    さて、梅雨のさなかではありますが、9日金曜日。

    この日は満月です。

    でもちょっといつもと違う(?)満月です。

     

     

    今年いちばん、地球から遠いところで満月になるので

    「今年最遠の満月」または「今年いちばん小さい満月」などと呼ぶことも。

    もちろんお月さま自体の大きさに変化はありませんので

    小さく「見える」満月ですよ^^;

     

    今年のいちばん、地球から近いところで満月になるのは12月なので

    今回と12月と両方の満月を見ると、

    なんとなく違いに気づくかも・・・?しれませんね。

     

    金曜日は夜間開館日なので、望遠鏡で観察できます。

    お天気がよい日であることを願います^^

     

    さて6月は、星のソムリエ第一回が開催されます。

    受講申し込み締め切りは11日となっております。

    ご検討中のかたはどうぞお早目にお申込みください。

     

    ☆*゜sm

     

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM