流星群とソユーズ打ち上げ

  • 2017.12.15 Friday
  • 13:48

昨夜はあいにくの曇り空にもかかわらず、たくさんの方が「ふたご座流星群観察会」にお越しくださいました。

美しい星空と流れ星をご覧いただけず、とても残念でした。

どうやら今夜も曇りの予報。何とか晴れてほしいものです。

 

でも、流星を見るチャンスはまだまだ続きます!

ふたご座流星群は週末まで見られ、来週はかみのけ座流星群とこぐま座流星群が極大します。

年明けすぐには三大流星群の一つ、しぶんぎ座流星群が出現しますよ。

空気が澄み渡る冬は、温かくしてのんびり空を眺めてみては?

 

さて、空がもっと身近になる話題です。

12月17日16:21、金井宣茂宇宙飛行士がソユーズ宇宙船に乗って宇宙へ旅立ちます。

その宇宙船打ち上げの模様を、海星館の研修室で中継することになりました。

定員30席は当日先着順。

15時開場、中継は15:50〜16:50の予定で、参加無料です。

みんなでカウントダウンして、金井宇宙飛行士の無事とミッション成功を祈りましょう!

※打ち上げの状況に合わせて日時を変更または中止する場合があります。

ふたご座流星群観察会のお知らせ

  • 2017.12.09 Saturday
  • 11:04

2014年の時のふたご座流星群/kw撮影

 

イルミネーションや音楽、ディスプレイなど、街全体はすっかりクリスマス☆彡

華やかできらびやかな印象の12月ですが

星空もとても華やかですよ。

 

12月14日前後は

ふたご座流星群の流れ星に、数多く出会えるチャンス!!

実は昨日も数分の間に2つ、ふたご座群由来の流星に

MT/NSコンビの解説員が帰り際に出会ったそうです(羨ましい〜(*´з`)

 

冬の星座のひとつ「ふたご座」から

流れ星が飛び出てくるように見えるため「ふたご座流星群」と呼んでいます。

ですがその正体は、

もともとは彗星だった小惑星ファエトンが残したチリです。

 

ちょうどこの時期、

地球の通り道とこのチリのある場所が重なることで、流れ星が見られるのです。

毎年決まった時期に見られるのはこのことからなんですよ。

 

 

そして今年も海星館は観察会を行います。

流れ星を探したり、冬の星座を繋いだりしてみませんか?

もちろん、わたしたち解説員が、観測室と2階テラスにいますのでご案内いたします。

 

今年はなんと・・・木曜日だけど、22時まで開けちゃいますよ〜!!

 

 

★ ふたご座流星群観察会 ★

 

12月14日(木)18時半〜22時

12月15日(金)18時半〜22時

 

予約不要/定員無し

観測室利用料金が必要です 

(大人420円・高校生210円・中学生以下無料)

 

★観察方法

流星群は肉眼観察です。2階テラスにて安全に観察できます。

 

★観測室

惑星やほかの天体に望遠鏡を向けてご案内しています。

テラスと観測室をご自由に行き来して、お楽しみください。

 

✨観測室は屋内ですが、スリットから冷気が入ります。

また風も強いですので、マフラーやストール等首元を覆うものや

厚手の上着等防寒対策をしっかりしてお越しください。

カイロ等あると心強いですね。

そして靴は脱がずに観測室に入れますので足元もぜひ暖かくしておきましょう。

 

 

昼間は太陽観察ができます。昼間のチケットは夜の観察にもお使いになれますよ。

ぜひ昼も夜もお楽しみください★

 

この日は、行けないよ〜・・・という方も大丈夫!

ふたご座流星群の見られる時期に入っています。晴れた夜に見上げてみたり

今日明日の夜間観察でも見つけられるチャンスはありますよ✨

さぁ今年は、いくつ見られるかな!?(30個前後見られるかも)

 

…流れ星に願いをかけて…。

 

 

願い事はただ一つ…言えないけど(;´∀`) ☆*。sm

 

12月の天体観察

  • 2017.11.26 Sunday
  • 20:56

すっきりしないお天気が続いていますね。

昨日は、建設中の宗麟大橋のイベントに海星館からも望遠鏡等を持って行ってきたのですが

雲越しの観察となりました。

晴れた日のお日様は次の観察の楽しみとしてとっておいてもらいましょう^^;

 

さてもうすぐ12月です。

師走となりますが、途端に年末を感じてしまいますね。

めくるカレンダーの指先からもひしひしと感じてしまいます。

よい1年の締めくくりになるよう、慌ただしい毎日にもほっと一息入れながら

お過ごしください。

 

 

★天体観測室★ 

 

予約不要/観測室利用料金大人420円/高校生210円/中学生以下無料(保護者同伴)  

受付時間・・・太陽観察10時〜16時/夜間天体観察18時30分〜22時

夜間観察日・・・金土日祝日 12月14日(木)は観察会のため夜間開館いたします

太陽観察は休館日以外毎日おこなっています

 

 

★「ふたご座流星群」観察会 12月14日(木)18時30分〜22時

★「ふたご座流星群」観察会 12月15日(金)18時30分〜22時

 

12月9日(土)18時30分より流星群の観察方法等詳細にお話しいたします(スターウォッチング教室)

 

流れ星はベランダで肉眼で観察です。

ベランダにも解説員がいますので観察方法等のご案内をいたします。

 

観測室では惑星や星団など他の天体を観察できます。

21時半以降の入館ではご案内できる時間が少なくなりますのでそれまでにぜひお越し下さい。

そして寒くなってきました。防寒対策をお忘れなく。

 

12月4日0時42分、今年いちばん大きく見える満月となります。

12月3日の夜間観察では、お月様の観察をおもにご案内いたします。

こちらもぜひ、観察にお越しくださいね。

 

ほかにも毎週テーマに沿って夜間観察のご案内をしています。

みなさまのお越しをお待ちしています!

 

年末年始のご案内はまた、12月に入りましたらこちらのブログでご案内いたします。

 

 

12月は晴れてくれよ〜 ☆*。sm

 

 

流星群の観察会のお知らせ

  • 2017.11.03 Friday
  • 12:06

11月12月流星群観察会

 

夜、空を見上げると秋の星座を中心に、冬の星座が見え始めています。

西にはまだまだ夏の星座も見えています。

そんなにぎやかな星空にもしかしたら。

大きな流れ星が一瞬のうちに駆けていくかも。

 

流れ星に比較的出会いやすい時期があります。

流星群とよばれるのですが、今ですと

11月から年始まで、何かしらの流星群の活動期に当たります。

三大流星群の「ふたご座流星群」「しぶんぎ座流星群」もこれからの季節です。

 

ゆっくり流れるものや火球とよばれるような大きな明るい流れ星、

痕を残していくようなものだとか

速い流れ星などなど

特徴のあるものに出会えると

それだけでもうドキドキがとまらなくなりそうです。

 

お願い事、言うひまなかった!!!

 

なんて、ことになりそうですが、

言えるチャンスはあるのでぜひ頑張ってみてくださいね^^

今だと「おうし座流星群」なのですが、この流星の特徴はまさに

ゆっくりとした流れ星、火球も見られやすいので

まさに願いを届けるチャンスです。(叶う叶わないの保証はできないのでごめんなさい)

 

直近ですと、5日に観測会があります。

 

しかし満月後の月明りがあるために星空は明るいので

流れ星は明るさに負けてしまい見つけられないかもしれません。

そんな時は、観測室で月や惑星を観察したりしながら

ぜひ星空散歩を楽しんでもらえたらと思います。

 

寒くなって来ていますので、暖かい格好でどうぞお越し下さい。

観察会や観測室の利用に予約は必要ありません。

もちろん、雲が多かったり雨の時は観察ができませんのでご了承ください。

 

ちなみに、4日は満月です。

満月観察会、お月さまを中心にご案内いたしますので

こちらもぜひお越し下さいね☆

 

 

 

月より団子(´・ω・`) ☆*。sm

 

11月の講座・天体観察

  • 2017.10.30 Monday
  • 16:15

明るい星はぎょしゃ座のカペラ、右の青い星のあつまりはすばる。

もう冬の星座が空を彩りはじめています。

 

 

2週続けてやってきた台風。

海星館は開館はしていたものの、たたきつけるような強い雨と風でした。

みなさまのところは、被害等はありませんでしたか?

各地でイベントが中止になるなど、週末台風にはトホホな感じがしますね。

もう台風はおしまいでありますように。

 

 

 

昨夜閉館間際に、見事な火球をみました。

毎年このくらいの時期になると、ニュースなどにも取り上げられていますが

おうし座流星群、しし座流星群の活動期に入り

極大を待たずに時々こうして、大きな流れ星を飛ばすことがあります。

 

晴れた空は、ぜひ見上げてみてくださいね。

でも思うようにいかないものです。それもふくめて星空の醍醐味ともいうべきでしょうか。

瞬く星に願いをこめて。

 

それでは11月の講座・観察会のご案内です。

 

 

★講座★ 

予約不要/受講費用100円/先着20席

●講座「火星」

11月11日(土)13:00-14:00

来夏、地球に最も接近する火星。事前に知っておけばもっと火星を楽しめます。

 

★星の女子会★  

事前申込制(当日不可)/受講費用640円(資料代200円+観測室利用料金420円)/定員20席

●冬のきらきら星さがし/宇宙に落ちた地球の影

11月26日(日)13:00-15:00

ふんわりアロマ香るお部屋でゆったりたのしむ星講座です。

自宅での観察の味方になる資料付

 

★天体観測室★ 

予約不要/観測室利用料金大人420円/高校生210円/中学生以下無料(保護者同伴)  

受付時間・・・太陽観察10時〜16時/夜間天体観察18時30分〜22時

夜間観察日・・・金土日祝日

太陽観察は休館日以外毎日おこなっています

「海王星」「天王星」のほか「アンドロメダ銀河」「すばる」なども楽しめます。

今月の目玉は流星群!

★「おうし座南流星群」観察好機11月5日(日)

★「おうし座北流星群」観察好機11月12日(日)

★「しし座流星群」観察好機 11月17日(金)

★「しし座流星群」観察好機 11月18日(土)

 18日は、18時半より観測室にて流星群の観察方法等詳細にお話しいたします(スターウォッチング教室)

 

流れ星はベランダで肉眼で観察です。

ベランダにも解説員がいますので観察方法等のご案内をいたします。

 

観測室では惑星や星団など他の天体を観察できます。

21時半以降の入館ではご案内できる時間が少なくなりますのでそれまでにぜひお越し下さい。

そして寒くなってきました。防寒対策をお忘れなく。

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

ところで、11月1日は「後の名月」です。

「中秋の名月」(十五夜)は有名ですので、お月見をされた方も多いでしょう。

しかしこの「後の名月」とセットで見るのが習わし、というのは

案外ご存じない方も多いのでは?

 

まぁるい月まであとちょっと、もうちょっと。

未完の美ともいうべき十三夜のお月さま。ぜひお月見をしてみてくださいね。

その月の形から「栗名月」とも言うのです。

お団子や栗などをお供えし、ゆったりした時間を味わうのもまた素敵な時間の過ごし方ですよ♡

 

 

 

やっぱり食欲の秋の ☆*゜sm

みちびき4号機、10日に打ち上げ予定です

  • 2017.10.06 Friday
  • 14:57

10月10日の朝7時頃、種子島宇宙センターから

HAロケット36号機で打ち上げ予定です。

 

当日は休館日、また早朝のため

みなさんとご一緒に打上げを応援することはできませんが

ぜひ、ご自宅で応援してくださいね。

 

特設サイト「みんなのみちびき」

http://michibiki.space/

 

YouTube JAXAチャンネルのみで

今回は中継予定となっています。

上記サイトにて、詳細をご覧ください。

 

またみちびきってなに?準天頂衛星ってなんだ??という疑問も

あわせてこのサイトで解消できますよ☆

 

 

さて、この日。

ひとつチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

大分から打上げ後のロケット雲が見られるかどうか・・・。

 

南の開けたところ、

目いっぱい伸ばした腕の握りこぶし縦1つ分の高さに注目です。

 

海星館からも見ることができるのですよ。

ただ、低空のため条件が整わないことが多いので

確実にとはいえませんが、もしラッキーなことに見ることができたのなら

驚きと興奮は隠せないでしょう。

 

もし見えなくても、その方向に確かにみちびきを載せたロケットは

あがっていったのだろうと想いをよせてみてくださいね。

 

 

 

さて、これまでに数々の衛星が打ち上げられましたが

衛星といえば、新商品のご案内です。

大人気ガチャガチャに「宇宙航空2」が入荷しました。

 

しきさい(これから打ち上げられる予定!)、あかつき、こうのとりのほか

国際宇宙ステーションや基幹ロケット高度化(H2Aupgrade)、実験用ヘリが

カプセルに入っています。

科学関連施設にて取り扱いしていますが、大分では当館のみです。

 

また今後、さらに2種類のガチャガチャと

写真にある「スペースフェルトモビール」の作成キットなど

その他宇宙グッズも入荷予定です。

いましばらくお待ちくださいね。

このモビールはキット販売だけでなく、海星館のワークショップにも検討中です♪

 

 

 

出張教室、観察会でスキップスキップらんらんらーーんの ☆*゜sm

 

参加しませんか?

  • 2017.10.02 Monday
  • 14:03

来月のイベントのご案内です。

現在建設中の宗麟大橋で

「親子と土木のふれあい見学会」が開催されます。

 

海星館も協力をしています☆

太陽観察、ドローン体験、モデルロケット打ち上げ等を

予定していますよ〜。

 

 

 

 

主催は土木学会西部支部となっておりますので

お問い合わせはそちらへお願いいたします。

 

建設中の橋でイベントってなかなか経験できないことですよね!

ぜひご検討くださいね。

 

 

橋の上で小躍りしてしまいそうな ☆*。sm

10月の講座・天体観察

  • 2017.09.25 Monday
  • 17:13

昨日、アサギマダラを1頭確認しました。

昨年も同じ日に1頭確認、しかしそれからしばらく姿を見かけず

10月8日以降に多く見られるようになりました。

 

まだしばらくはなかなか出会えない日が続くと思われますが

最初の1頭を確認できたことからも

南下していく秋のアサギマダラの季節がもうそこまできているようです^^

楽しみですね。

 

この画像は昨年のです。

 

9月も下旬となり、朝晩は寒く感じる日が増えてきました。

気温差で体調をくずさないようにお過ごしください。

そして海星館にお越しの際は、特に夜間観察では冷えることが増えてきますので

調節できるような衣類、上着等をお持ちいただくと安心かと思います。

観測室は土足で入れますので、靴の着脱は気にせずにお越し下さいね。

 

それでは10月の情報です\(^o^)/

 

★講座★ 予約不要/受講費用100円/先着20席

●講座「天王星・海王星のおはなし」

10月14日(土)13時〜14時

 

★ネイチャーウォッチング教室★ 

●「アサギマダラ観察講座」

10月8日(日)13時〜15時

受講費用100円/予約不要/先着20席

 

●「ビーチコーミング・貝がらアートのたのしみ」

10月29日(日)13時〜14時

受講費用500円/事前予約が必要/定員20席

 

★星の女子会★ 事前申込制/参加費640円(資料代200円+観測室利用料金420円)/定員20席

●10月22日(日)13時〜15時

「すばるむすばる。星の宝石」

カラフルスターの星の色やその一生のおはなし、自宅でできる観察方法等をご案内します。

ふんわりアロマ香るお部屋で🌟ゆったりたのしむ星講座です。

 

★天体観測室★ 観測室利用料大人420円/高校生310円/中学生以下無料 予約不要

受付時間・・・太陽観察10時〜16時/夜間天体観察19時〜22時

夜間観察日・・・金土日祝日

太陽観察は休館日以外毎日おこなっています

 

10月は「海王星」「天王星」のほか「アンドロメダ銀河」も楽しめます。

今月の目玉は・・・

★「オリオン座流星群観察会」10月21日(土)

★「月面xをみよう」 10月27日(金)

21時半以降の入館ではご案内できる時間が少なくなりますので

それまでにぜひお越し下さい。

 

★きらら花カフェ 営業案内★

限定ランチやデザートも♡

絶景をみながらお食事をお楽しみください。

 

10月の営業日  

14日(土) ・15日(日) ・21日(土) ・22日(日)・28日(土) ・29日(日)

 

10月1.7.8日は休業です

営業時間 11時〜17時

 

 

 

 

食欲の秋>ほしぞらの秋になりそうな今日この頃 ☆*。sm

9月の講座・天体観察

  • 2017.08.28 Monday
  • 11:49

今日は伝統的七夕です。

七夕はもう終わったのでは?という声が聞こえてきそうですね^^;

旧暦の7月7日が、今年は8月28日にあたります。

 

旧暦では月の満ち欠けをもとにしているため、

新月を毎月のはじまりとしています。

7月の暦で7日目の月がある夕方・・・七夕、ということからもわかるように

毎年旧暦の七夕の空には7日目のお月さまが空にあるのですよ。

 

今夜ぜひ、みあげてみてくださいね。

そしてこの旧暦の7月7日を「伝統的七夕」と呼んで新暦の七夕と

分けて呼んでいます。

新暦だと梅雨空で星空が見えないことも多いのですが、

旧暦の七夕は晴れていることが多く

七夕の星たちも頭上高くみえているので

国立天文台でもこの「伝統的七夕」を勧めているのです。

 

画像上の明るい星が織姫(こと座ベガ)、中央の白い雲上の帯が天の川、

右下で明るい星が彦星(わし座アルタイル)

天の川にある左の明るい星がかささぎ星(はくちょう座デネブ)

 

 

そしていよいよ9月。海星館のイベント情報をご案内します。

 

★講座★ 予約不要/受講費用100円/先着20席

●講座「準惑星、彗星のおはなし」

9月16日(土)13時〜14時

 

●講座「二十四節気を知ろう」

9月23日(土)10時〜11時

 

●講座「中秋の名月と後の名月のおはなし」

9月29日(金)18時30分〜19時30分

 

★星の女子会★ 事前申込制/参加費620円(観測室利用料金420円+資料代200円)

9月24日(日)13時〜15時

「季節を楽しむ月と星空」

お家でも宙そらを楽しめるよう

肉眼でも楽しめる観察ポイントなどを冊子にまとめてあります。

13時〜14時 お話し

14時〜15時 昼間の天体観察(天候不良時は観測室見学とパネル説明)

 

★天体観測室★ 大人420円/高校生210円/中学生以下無料 /予約不要

受付時間・・・太陽観察10時〜16時/夜間天体観察19時〜22時

夜間観察日・・・金土日祝日

太陽観察は休館日以外毎日おこなっています

 

輪っかのある惑星「土星」がそろそろ見納めになってきました。

観察をご希望のかたは9月中の20時頃までにお越しいただければ観察が可能です。

ぜひおはやめにお越し下さいね。

 

昼間の太陽観察では、空の状況によって一等星や金星も観察できますよ。

ぜひお気軽に遊びに来てくださいね。

 

★🍴はなカフェきらら 営業案内★

限定ランチやデザートも♡

絶景をみながらお食事をお楽しみください。

 

9月の営業日  

2日(土)・3日(日)・9日(土)・10日(日)・23日(土)・24日(日)・30日(土)

16.17日は休業です

営業時間 11時〜17時

 

 

秋の気配を感じています。

星空にはまだ春の星座も姿が残っていますが

こちらはもう本当にさよなら三角さんになってきていますね。

 

さよならさんかく♪(春の大三角)

 

またきてしーかくっ♪(秋の四辺形)

 

 

☆*゜sm

貝がら時計工作(8/30追記あり

  • 2017.08.27 Sunday
  • 13:14

 

昨日は貝がら時計工作をおこないました。

講師は、海星館3代目の館長、高橋先生です。

 

 

時計の土台となる板は

細かく手の込んだ加工をしています。さすが技術の先生。

ひとつひとつ丁寧に作ってくれたこの土台に

思い思いの貝がらを乗せて飾り付けていきます。

 

自分だけのひとつだけの時計。素敵な夏の思い出になりましたね^^

 

今日は、現館長が

大分の貝の標本をつくる工作を担当しています。

こちらの標本も楽しみですね。

今日の工作教室をもちまして、すべて終了となります。

 

 

次年度の大型連休や夏休みの工作教室については

工作内容、申込みに関してなど

今年度の反響や要望等を考慮し、多くのかたに参加いただけるよう

協議してまいりたいと思います。

 

市報には載っていないイベント等もありますので、ぜひ海星館のホームページや

こちらのブログもご覧くださいね。

 

 

 

さてひとつ前の記事でご案内していた「月と木星とスピカ」の共演^^

木星が目、月がにっこりお口にみえますね〜。

これからお月さまは日に日に満月に向けて太くなっていきますよ。

 

8月31日まで22時まで開館しております。ぜひ遊びに来てくださいね。

(8月29日火曜日は休館です)

 

 

 

☆*゜sm

 

追記)貝がら時計工作の模様を9月3日(日)大分ケーブルテレビにて放送予定です。

 

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM