恵みの雨

  • 2019.06.14 Friday
  • 21:14

6月というのに日照り続きでくたびれていたアジサイたち。

今日の雨で元気を吹き返しているようです。

一層鮮やかに色づいて、私たちを楽しませてくれることでしょう。

 

雨が降るとどこからともなく出没するのがミミズ。

海星館周辺では、虹色に輝くシーボルトミミズがたくさん見られます。

もし大きなミミズに出くわしたら、気持ち悪がらずにちょっと観察してみてくださいね。
大地を耕してくれる、大切な地球の仲間です。

(嫌いな方もいるので写真は載せません。あなたの目で確かめてください)

なので写真はアジサイの赤ちゃんに上でひなたぼっこするバッタさん。

小さな命が脈々と息づいています。

 

この季節、アジサイに注目が集まりがちですが、海星館の花壇は花盛りです。

お薦めスポットの一つは、玄関からゲートに向かう道。

晴れた日はテッポウユリとツツジが眩しい目の覚めるような景色が広がり、

雨の日はレースのカーテンがかかったような幻想的な光景になりますよ。

そして、敷地内すべての植栽を管理してくれている木岐さんが来週、TVに出演します。

22日(土)のTOS「ハロー大分」で、5分間海星館から生中継されます。

嵐にも猪にも負けず、美しい花を咲かせ続ける木岐さんの姿をぜひ見てくださいね。

 

海星館は毎週火曜日が休館日です。

それに加えて今月は24日と26日も館内メンテナンスのため休館します。

休館日は敷地内に立ち入ることができませんのでご注意ください。

開館日の午前10時から、みなさまのご来館をお待ちしております。

海星館の花と虫たち

  • 2019.06.01 Saturday
  • 21:36

6月に入り、アジサイがずいぶん色づいてきました。

一雨ごとに鮮やかさを増していき、今月いっぱい楽しめる見込みです。

そして、花盛りを迎えているのがツツジ。

真っ赤な毛布をかけたかのように咲き誇っています。

その蜜を吸いにやってくる様々な蝶や蜂の姿も楽しめます。

ずんぐりむっくりのマルハナバチ(海星館では「だんご蜂」と呼んでいます)も

一生懸命お仕事中。

大きな体と羽音に驚かれることが多いですが、人に向かってくることはありません。

近寄って仕事の様子を眺めていると時間を忘れてしまいますよ。

一方、遊歩道を歩いているとたまにスズメバチに遭遇します。

怖い気持ちが先に立ちますが、絶対に追い払ったりしないでください。

彼らは身の危険を感じた時や、近くにある巣を守ろうとする時に襲ってきます。

刺激しないのが一番の防御策ですので、見かけたらすぐに離れてくださいね。

 

健気に生きる小さな命を優しく見守りましょう。

アサギマダラ量産中!?

  • 2019.05.24 Friday
  • 21:33

嵐が過ぎ、北上を再開したアサギマダラたちが海星館に立ち寄っています。

最近のように晴れ渡って気温が高い日は先を急ぐ子たちが多く、

休憩もそこそこに昼前には次の目的地へと旅立っているようです。

今年、最も観察しやすい場所は南側テラスです。

一度入館し、展望室に入って右側の扉を開けてテラスに出て、花壇をご覧ください。

みんなが気持ちよく観察できるようマナーを守りましょう。

ショップでは、ご要望の多かったアサギマダラのお土産の販売を始めました。

といっても完成品ではなく、オリジナルのプラ板工作キットです。

プラ板に写真のアサギマダラを写しとって、オーブンで加熱してストラップを作ります。

上手にレイアウトすれば、1セットで3つ作ることができますよ☆

現在、その見本を量産中です↓

大人の方からは「絵は苦手だし不器用だし無理」という声をいただきますが、

そんな方にこそぜひ挑戦してもらいたいと思っています。

写真をなぞり、色をのせ、はさみで切り、穴をあけて加熱する。

一連の作業で童心に帰り、ものづくりの楽しさを思い出してもらいたいのです。

そして完成した作品は、きっと宝物になると思います。

もちろん子どもたちにも、生きものをじっくり観察し、

工夫してものを作る面白さを味わってもらえたら嬉しいです。

加熱すると1/4に縮むため、線がゆがんでいても色にムラがあっても、それなりに見栄えよくできます。

工作キットはプラ板1枚、ストラップ2本、アサギマダラ情報満載の説明書がセットで200円です。

やけどしないよう注意しながらチャレンジしてみてくださいね。

 

海星館名物の夕日はこれから秋にかけてが見頃です。

夕日は夜間開館日(金〜日曜日・祝日)しかご覧になれません。

館内ではお弁当の販売を始めましたので、

夜間開館日は太陽観察から夕日観賞をはさんで星空さんぽまで、

海星館フルコースをお楽しみください。

観察場所の制限にご理解ご協力をお願いします

  • 2019.05.16 Thursday
  • 15:51

 

開館時のカウントでアサギマダラは約1000頭の飛来でしたが、

渡ったり分散したり、増えたり減ったりと
一日の中で頭数の変動が大きいです。

 

そのため、乱舞する様子を楽しみにして来ていただいたのに、

少ない時になってしまいがっかりしてお帰りになる方も多く
申し訳ない気持ちと生き物相手の難しさを痛感しています。

 

頭数の変動以外にも
昨年までは至近距離でご覧いただいていたこともあり
観察場所の制限を設けていることに
ご立腹されたり(お気持ちは十分に分かります)心無い言葉やお叱りも頂戴しております。


しかしそこに至るまでの経緯があったことをぜひご理解いただけたらと思います。

どうぞ、子どもたちにお手本となれる大人に、
そして人間の命と同じように
動植物にも想いを持って見守っていただきますよう
よろしくお願いいたします。

 

「生き物は人間の思うとおりにいかない。
だからこそ、置かれた状況の中で
写真を撮るのが楽しいのよ」と優しい表情で
ファインダーをのぞいていた方の気持ちに救われました。

 

 

海星館は生涯学習施設です。
強くも儚い小さな命の姿から

わたしたちも学ぶべきことがたくさんあります。


どうぞご理解、ご協力をお願いいたします。

 

----------★

 

☆海星館は10時開館です。
☆アサギマダラは館内を通りテラスに出てからご覧ください。
☆敷地内にも飛来している姿をご覧いただけますが
安全が確保できない職員通用路や、整備されていない遊歩道にはお入りにならないでください。
☆設置している看板に目を通してください。
☆職員が巡回しています。どうぞお気軽にお声がけください。

 

 

マナーを守って、アサギマダラに会いに来て! ☆*。しみず

アサギマダラ、やってきましたよ!

  • 2019.04.21 Sunday
  • 15:40

例年より10日ほど早く、19日にアサギマダラを確認することができました。

今日も敷地内を自由気ままに1頭、ひらひらと飛んでいます。

 

連休頃には容易に見つけられるようになると思われます。

飛来のピークは5月中旬ですが、今年は初見が早かったので

変動があるかもしれませんね。

 

ブログやフェイスブック、ホームページのトップで

随時、飛来状況をお知らせいたします。

どうぞ、長旅の最中にあるアサギマダラをあたたかく見守って

いただけたらと思います。

 

今年はどのくらい来てくれるかな(*´ω`*)☆*。しみず

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM