2月は縁起の良い星「カノープス」をみよう!

  • 2019.02.04 Monday
  • 13:35

 

今日は2月4日、立春です。

七十二候では 東風解凍(はるかぜこおりをとく)

旧暦の新年の始まり、春風が吹き氷が溶けだすといわれています。

 

海星館の豊後梅もつぼみがほころび始めてきました♡

 

 

 

2月といえば・・・この星。

カノープス。りゅうこつ座の一等星で、シリウスに次いで二番目に明るい星です。

あまり馴染みがないのは低い位置しか昇らないため

建物や大気の影響を受けて見えないことも多く

また北へ行くほど高度が低くなるため見られる範囲が日本ですと

九州以南となるためでもあります。

 

でもそんな星が見たくて県外からお越しになる方もいるほど実は

スゴイ星なんですよ✨

 

カノープスは別名、南極老人星、寿星、福寿星などとも呼ばれ

七福神の福禄寿のモデルになったという話もあります。

長寿をつかさどるためとても縁起の良い星とされています。

ひとたび見ることができたのなら、幸せに、そして寿命がのびるだなんて…

なんて素敵な星なんでしょう。

 

そんなカノープスは惑星探査機の道しるべとしても使われたり

知る人ぞ知る、の恒星です。

 

海星館の夜間開館日の開館時間内に見られるのが2月です。

低い位置のため、空のコンディションによっては見づらかったりすることもありますが

見られる確率は高いのでぜひ夜間開館日は天体観察にお越しくださいね✨

 

 

冬の天の川「冬銀河」や、一等星を繋ぐとできる「冬のダイヤモンド」

飛行機や人工衛星、流れ星などのハプニングもいっぱい!?

星空さんぽで非日常を味わってくださいね✨

 

夜間開館日は、金土日祝日です。2月の観察時間は19時から22時までです(^_-)-☆

 

 

一回2年として毎日みたら…60年分くらいの寿命をゲットできるかな(・∀・)自分の写真撮られてタマシイ抜かれ(抜かれません)結果的にはもうちょっと少なくなって…まあざっと100年は大丈夫だなッ! ☆*。しみず

ペルセウス座流星群と満天の空に響く歓声…☆彡

  • 2018.08.13 Monday
  • 23:11

『ペルセウス座流星群』と勢ぞろいした『月・金星・木星・土星・火星』を見よう!!
今夜もたくさんの皆様と一緒に、星空の散歩を楽しむことが出来ました。
流れ星に人工衛星、歓声が響く海星館の賑わいでした。
流れ星はこれから日々少なくなっていきますが、惑星を始めとする天体観察は楽しめます。是非、海星館へお立ち寄りください。

火星観察会! 31日は開館します

  • 2018.07.30 Monday
  • 15:39

 

月食は天候不良で海星館からは観察ができませんでした( ;∀;)

この日、夜明けまで参加されていた方も多くいらして

どうにか見られないかという思いもむなしく…

ご参加いただいたみなさま、お疲れがどっと出ているのではないかと思います。

 

今度の「火星大接近」は

31日が見られなくても8月の間のどこかのタイミングで

観察していただければ十分楽しめます。

 

でもどうせなら

地球と火星の距離がいちばん縮まった日に見たいよね!

と思うのも当然✨

 

31日、火曜日は開館して大接近時の火星の観察会を行いますよ♬

 

晴天時は込み合うことが予想されます。

駐車場の混雑も懸念されますので、係員の指示に従って

駐車をお願いします。

みなさまが安全に楽しく観察できるためにも、ご協力よろしくお願いいたします。

 

なお悪天候時は、観察会は中止となります。

その際はトップページにてお知らせいたします。

天候が不安ですが、もし悪くても…火星は逃げません。

次の晴天時にぜひお越しくださいね。

 

8月は連日10時から22時まで開館しますヨ!

 

 

 

わたしは洗車はしていない。雨女返上だ、と思ったけれどなぜ天気がよくない( ;∀;) ☆*。しみず

きれいな満月でした

  • 2018.04.01 Sunday
  • 17:29

 

昨夜は満月でした。

3月は2日もそうでしたね。ひとつきの間に二度も満月がみられ

ちょっと得したような嬉しい気持ちになれます✨

 

この二度目の満月を「ブルームーン」と呼んで、シアワセになれるよ、なんて

素敵な言い伝えもあります。

「ブルームーン」には諸説あり

最近ではこのように、ひと月のうち二度目の満月をさしていますが

ニ至(冬至夏至)二分(春分秋分)で区切られた季節に

満月が4回起こるときの3回目をさしていたり

そのまま青い月のことをさしたり、

天文用語ではないため、きちんとした定義はないようです。

 

月の公転サイクル等の兼ね合いで

2年半に一度このように満月が余分に起きる計算になるのですが

今年は1月に次いで3月と短期間に二度も見られたので

特別感がさらにアップした気がします✨

 

次のブルームーンは2020年10月♡

 

残念、見忘れた。という方のために画像を添付しています。

ほわんとした春霞のなかに浮かぶ満月は、とてもやさしい光でした。

これからお月さまは、日に日に上る時間が遅くなり

細くなっていきます。

ということは、空は暗くなり、春の星座たちが見えやすくなってきますね。

 

 

 

お日さまの出ている時間も長くなってきました。

4月からは、太陽の観察は16時半まで

そして夜間の観察開始は19時半からとなります。

 

ぜひ、遊びにきてくださいね。

 

 

 

シアワセブルームーンゲットだぜっ ☆*。sm

 

金井宇宙飛行士が搭乗しているISSを見て応援しよう!

  • 2018.03.25 Sunday
  • 14:27

金井宇宙飛行士は、昨年12月17日にロシアのソユーズMS-07宇宙船によって打ち上げられ、ISS(国際宇宙ステーション)の「きぼう」日本実験棟に長期滞在中です。

ISSは3月22日から27日の六日間、日没後の日本付近を通過しているので、日時と方向を知っていれば簡単に見つけることができますよ。

 

下の画像は3月24日に通過したISSの軌跡です。左方向(西側)から進んでいき右方向(北側)へ見えなくなりました。

 

3月25日は二回通過が見えますが、午後7時すぎの通過は天頂(真上)を通過します。

 

<一回目>昇り始めは南西方向から19:05ごろで明るさは0.6等級/到達高度10°地点は南西方向で19:07ごろ、明るさは-0.5等級/最高通過点は南東方向で高度 90°(天頂)、時刻は19:10で明るさ -3.9等級/影に入るのは北東方向で高度 5°、明るさは -0.9等級

 

<二回目>昇り始めは西方向から。20:42ごろで明るさは 1.1等級/到達高度10°地点は北西方向で20:46ごろ、明るさは-0.2等級/最高通過点(影に入る)は北北西方向で高度は 11°。 時刻は20:47ごろ、明るさは -0.5等級

 

3月26日は、昇り始めが西方向で、19:50ごろ明るさは 1.2等級/到達高度10°地点は西方向で、 19:52ごろ明るさは 0.3等級/最高通過点は高度18°、 北北西方向で時刻は19:54ごろ、明るさは -1.1等級/影に入るのは北北東方向で、 19:57ごろ明るさは -0.7等級。

 

3月27日は、昇り始めは西南西方向、 18:57ごろ 1.1等級の明るさ。/到達高度10°地点は西南西方向で、 18:59ごろ明るさは 0.3等級/最高通過点は高度32°の 北西方向。 19:02ごろ明るさが -2.0等級/地平線に没するのは北東方向で、 19:07ごろの -0.3等級。

 

さあ、みんなで見上げて、金井宇宙飛行士を応援しよう! \(^o^)/

 

ちなみに、3月28日から4月6日までは、日没前の昼間や深夜に通過するため見ることができません。

 

ISSなら安心して乗れそう…、ってどうやって行くんだよ!@Airplane dislikes

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM