9月の講座・天体観察

  • 2017.08.28 Monday
  • 11:49

今日は伝統的七夕です。

七夕はもう終わったのでは?という声が聞こえてきそうですね^^;

旧暦の7月7日が、今年は8月28日にあたります。

 

旧暦では月の満ち欠けをもとにしているため、

新月を毎月のはじまりとしています。

7月の暦で7日目の月がある夕方・・・七夕、ということからもわかるように

毎年旧暦の七夕の空には7日目のお月さまが空にあるのですよ。

 

今夜ぜひ、みあげてみてくださいね。

そしてこの旧暦の7月7日を「伝統的七夕」と呼んで新暦の七夕と

分けて呼んでいます。

新暦だと梅雨空で星空が見えないことも多いのですが、

旧暦の七夕は晴れていることが多く

七夕の星たちも頭上高くみえているので

国立天文台でもこの「伝統的七夕」を勧めているのです。

 

画像上の明るい星が織姫(こと座ベガ)、中央の白い雲上の帯が天の川、

右下で明るい星が彦星(わし座アルタイル)

天の川にある左の明るい星がかささぎ星(はくちょう座デネブ)

 

 

そしていよいよ9月。海星館のイベント情報をご案内します。

 

★講座★ 予約不要/受講費用100円/先着20席

●講座「準惑星、彗星のおはなし」

9月16日(土)13時〜14時

 

●講座「二十四節気を知ろう」

9月23日(土)10時〜11時

 

●講座「中秋の名月と後の名月のおはなし」

9月29日(金)18時30分〜19時30分

 

★星の女子会★ 事前申込制/参加費620円(観測室利用料金420円+資料代200円)

9月24日(日)13時〜15時

「季節を楽しむ月と星空」

お家でも宙そらを楽しめるよう

肉眼でも楽しめる観察ポイントなどを冊子にまとめてあります。

13時〜14時 お話し

14時〜15時 昼間の天体観察(天候不良時は観測室見学とパネル説明)

 

★天体観測室★ 大人420円/高校生210円/中学生以下無料 /予約不要

受付時間・・・太陽観察10時〜16時/夜間天体観察19時〜22時

夜間観察日・・・金土日祝日

太陽観察は休館日以外毎日おこなっています

 

輪っかのある惑星「土星」がそろそろ見納めになってきました。

観察をご希望のかたは9月中の20時頃までにお越しいただければ観察が可能です。

ぜひおはやめにお越し下さいね。

 

昼間の太陽観察では、空の状況によって一等星や金星も観察できますよ。

ぜひお気軽に遊びに来てくださいね。

 

★🍴はなカフェきらら 営業案内★

限定ランチやデザートも♡

絶景をみながらお食事をお楽しみください。

 

9月の営業日  

2日(土)・3日(日)・9日(土)・10日(日)・23日(土)・24日(日)・30日(土)

16.17日は休業です

営業時間 11時〜17時

 

 

秋の気配を感じています。

星空にはまだ春の星座も姿が残っていますが

こちらはもう本当にさよなら三角さんになってきていますね。

 

さよならさんかく♪(春の大三角)

 

またきてしーかくっ♪(秋の四辺形)

 

 

☆*゜sm

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM