7月のイベント情報。7月末は天体ショー!

  • 2018.06.21 Thursday
  • 13:19

  臨時休館のお知らせ  

 

●6月25日(月)

●6月26日(火)

●6月27日(水)

 

職員研修と、望遠鏡メンテナンスのため臨時休館いたします。

休館時は安全のため、敷地内へお入りになることはできません。

また駐車場も施錠しております。ご協力お願いいたします。

 

 

 

 

今日は夏至です。

夏至を過ぎ、七夕も過ぎると…

日の入りはまた刻々と早くなっていきます。

 

今時期がいちばんお日様が高い位置にあるのですね。

 

梅雨明けすると日差しが強く暑くなりますが、8月7日にはもう立秋を迎えてしまいます。

そう思うと、短い夏。

 

(とはいっても体感的に夏は長いですよねぇ(;'∀'))

 

さてその夏が今年はさらに熱くなりますよ!

暑いではなく「熱い!」話題沸騰のほうの熱さです✨

 

 

7月末には、月と火星が熱い!!!

 

7月28日未明 皆既月食

7月31日   火星大接近

 

 

ということで7月のイベント情報です♬

長いですが読んでいただけたら幸いです✨

 

★ 企画展示 ★

 

「星空ウォーク」7月31日まで

 

 ★ 講座 ★ 

 

受講費/資料代として100円 

定員/先着20席

 

「七夕と伝統的七夕」

●7月7日(土) 13時から14時

 

「日本の探査機・人工衛星/テーマ・きく7号(おりひめ・ひこぼし)」

●7月21日(土) 13時から14時

 

「火星大接近! 観察講座」

●7月22日(日) 13時から14時

●7月28日(土) 〃

●7月29日(日) 〃

7月31日(火) 〃

 

「皆既月食 事前観察講座」

●7月27日(金) 13時から14時

 

 

★ ネイチャーウォッチング教室 ★

 

受講費300円(保険料込み)

事前予約制(実施日10日前までにお申し込みください)

不明な点はお電話またはメールでお問合せ下さい。

 

「海星館 自然観察会」

●7月14日(土) 14時から17時予定

 

 

★ 天体観測室 ★

 

予約不要/観測室利用料金  大人420円/高校生210円/中学生以下無料(保護者同伴)

年間パスポート 大人 1260円 / 高校生  630円 ← 今年は年パスを推奨します!  

受付時間・・・太陽観察10時〜16時30分/夜間天体観察19時30分〜22時

夜間観察日・・・金土日祝日  

太陽観察は休館日以外毎日おこなっています

7月27日00時〜07時まで特別開館(皆既月食観察会のため)

 

 

 

金星、木星、土星、火星と惑星が勢ぞろいします。

火星は7月中旬以降、閉館に近い時間で見られ始めます。

ベランダで、60cm口径の望遠鏡で、心の目で(?)今年は宇宙をもっと身近に感じてくださいね!

 

7月28日00時〜 28日07時

●皆既月食観察会 オールナイト!

月食の行程や接近している火星を観察します。

深夜の観察会のため、各自安全に留意下さい。

 

7月31日19時半〜22時 火曜日ですが開館します!

●火星観察会 火星は20時ごろより観察できます

火星はこの日、地球に最も近づきますが急に遠くなって見えなくなるということはありません。

ぜひ夏の間に一度観察をしてみてくださいね。

徐々に遠ざかるため、光度や地表の様子、大きさなど継続的にみていくと

とても面白いと思います、

何度でもぜひ観察にお越しください✨

 

 

 

皆既月食は明け方に観察できます。

すっぽりと地球の影に入る「皆既」になってから

ほどなくして夜明けを迎えます。月は影に入ったまま沈んでいきます。

 

月をどこまで確認できるかな!?空の色は?

月の色はどうなっているのかな。

 

たくさんの疑問を持ちながら、ぜひ観察してみましょう♪

ただし、28日普通に起きたらもう終わっていますので、日程をしっかりおさえておきましょう✨

 

 

 

火星は、2年2か月毎に地球に接近していますが、その接近する距離にはばらつきがあります。

次の2年後は今回よりも離れてしまうため、今年の火星をぜひ観察してみてくださいね。

 

6000万km以内にきたときを「大接近」と呼んでいるようです。

今年は5759万km!  15年前の大接近時は5579万kmでした。

ちなみに接近時でも最も遠い時は1億142万km…。

 

今年見ないでいつ見るよ〜っ? という理由がここにあるのですね☆

 

火星は肉眼ですと、7月1日の頃には22時には

東と南の間の低いところに赤く輝いています。(握りこぶし縦1個分くらいの高さ)

南西にはやたら明るい木星が輝いています。

 

これが、七夕の頃になると木星の明るさよりも、火星の方が明るくなります!!

日に日に明るさを増す火星、ぜひ肉眼でも観察できますので

ご自宅でもチャレンジしてみてくださいね。

 

 

 

 

7月末に向けて鼻息荒くなってしまうのはわたしだけかい?  ☆*。しみず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM